読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館見学 小美玉市小川図書館・資料館

f:id:redmm:20141025142423j:plain

小美玉市小川図書館・資料館 茨城県小美玉市小川1664番地2)

 

文章を書くリハビリに見学記を書こう第二弾。

茨城県にある小美玉市の図書館に行ってきました。この図書館は住宅街のかなり奥まった場所にあるので、車で行くのがベストだと思います。近くに小川小学校があるので、そこを目指していくとわかりやすいかもしれません。敷地の手前に公民館があり、その奥にこの建物があります。車は4台程度止められるスペースがありましたが、公民館の駐車場らしきところもかなりあったので、差し支えないと思います。

 

館内はスリッパで入館する方式で、かなり珍しいなと思いました。そういった形式は初めてでした。私が訪れた時は週末の昼頃でしたが、大人はあまりおらず子どもの利用者が10名程度いましたので、大人のスリッパよりも子どものスリッパが置かれていて日常的に大人はあまりいないのかなーという印象でした。大人は図書館利用はしないのかもしれませんが、二階の会議室でなにやらお稽古事が行われていたので、そういった利用もされているようです。

 

紙芝居がかなり多くあり、大型絵本が同じように配架されていたので、児童図書の収集に力をいれているのかなという印象です。やはり貸出返却カウンターの目の前が絵本や漫画などが置かれている児童コーナーで、職員の目の届くところに配置されていました。児童コーナーはごろ寝しながら本が読めるようになっていました。

地域の催し物のパンフレットやチラシ、また市報やハローワークの情報等もカウンター横の目立つ場所に置いてありました。

視聴覚資料は「貸出中」という札のついた輪ゴムをCDケースなどに付ける方式をとっていてユニークだなと思いました。貸出中でもその資料があることはわかるので、棚がスカスカになったりしないため良いかもしれません。レンタルDVD等と同じやり方ですね。閲覧席は入り口から一番奥の突き当りに20席程度あり、私が行った時は子どもたちが数名いました。

二階は資料館になっており、お神輿や郷土の農具や出土したであろう土器の展示がされていました。奥には30名程度が座れるベンチがあり、スクリーンに投影して映画鑑賞等もできるようになっていました。