「よろず相談」はじめました

図書館見学した際に、司書がおらずただ本を並べただけの図書館を目にすることが何度かありました。そうした図書館へ役に立てる方法はないか考えた結果、図書館に関する相談にのるための「よろず相談」をはじめました。初回は無料です。ENTYというサービスを使用して決済しますので、クレジットカード情報などは私には渡りませんし、業務上知り得たことは業務以外で使用いたしません。このブログでは、簡単な経緯について述べます。

 

自分の経歴を活かして、図書館へ貢献することが何かできないか、長らく考えておりました。もちろん、研究成果を通じて図書館情報学の一助となり、結果として図書館に貢献することは継続して行きたいと考えておりますし、それが本分だと考えています。しかし、それでは、いまどこかで困っている人にすぐ役に立つことはなかなか難しいと思います。

 

そこで、まずは「相談にのることが出来ます」という看板を掲げることでなにか貢献できることがあるのではないかと考えました。需要があるかどうかわからないですし、こうした相談は信頼と実績があってこその事業だと思います。そのため、いま私が既に仕事としている教員としての仕事(課題レポートに関する相談)と、やったことのある仕事(ウェブサイト作成に関する相談)も併せて募集することにしました。

 

それぞれの相談は月に一度程度を想定しています。もしそれ以上をご希望の場合や、短期間に集中してお願いしたいと言った場合には、個別にお知らせください。
ご連絡はredmmlib @ gmail.comまで(@の前後にあるスペースを削除してください。)