読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館見学 蒲田駅前図書館

f:id:redmm:20150225183725j:plain

大田区蒲田駅前図書館 〒144-0052 東京都大田区蒲田五丁目13番26-301号)

 

 JR/東急蒲田駅東口から右に曲がり、大田区役所の前を過ぎて少し行った場所にあります。駅からは徒歩3分*1くらいです。建物の1階は消費者生活センターがあり、2階は多目的室、3階が図書館という間取りになっています。

 私は以前、蒲田駅前図書館に勤務しておりました。そのため、知り合いに会えるかと思ったのですが、今回偶然立ち寄ったために、知り合いに会うことはできませんでした。自分が装備*2した資料を見つけることができて、嬉しかったです。

 大田区の図書館は全部で16館と図書館類似施設が1館あり、それぞれで分担収集を行っています。具体的には、蒲田駅前図書館では統計と薬学の書籍を重点的に収集し、雑誌の長期保存を行っています*3

入ってすぐの場所に飲食可の座席があり、その隣に大活字本が別置されています。以前は単行本と同じ書架に配置していましたが、別置したほうがわかりやすいのでは、との利用者からの意見をうけて別置になったと聞いています。

カウンターの正面が一般書の並ぶ書架で、奥が児童室と閲覧室になっています。最近流行りのブックシャワー*4があり、無料で使用できるようです。他の大田区立図書館でもいくつか設置している図書館があるようです。

展示がいくつかされており、私が訪問した時には、長期保存雑誌と魔法に関する本の展示がカウンター付近にそれぞれ置かれていました。魔法に関する本の展示は、これもまた最近流行りの、内容がわからないようブックカバーをかけて内容紹介を30字程度書いて貸し出すようになっていました。ただし、中身は見られるようになっていたので、チラッと見れば何の本かわかるようになっていました。

駅近くで線路沿いの建物のためか、窓辺には椅子が設置されて京浜東北線をを眺めながら読書できるようになっていました。古い建物ですが、掲示物等や本の分類見出しや調度品は新しく、利用されるための工夫を感じました。平日の閉館間際でしたが、利用者はかなりいて、よく利用されているのだなと思いました。